生きててごめんなサイクロプス

生きててごめんなサイクロプス。 許してヒヤリハット

リアル・フレンズとインターネット・フレンズ交わるこの地で

私は文字を打ち続けよう。

 

あの頃興じた趣味への熱意は一瞬の風で冷め切って、余りに余ったこの時間を

 

打ち続けることに使おうではないか。

「トモダチコレクション」と「禁忌」

部屋の掃除をしている時に見つけたニンテンドーDS専用ソフト「トモダチコレクション」は、私に掃除を中断させるほどの魅力なんて無かった。

 

大して仲のいい人がいなかった私にとってこのソフトの思い出なんて無いようなもので、思い出せるのは起動した瞬間孤島に聳え立つマンション。

確か中身は架空のハゲでいっぱいだったかな、僕は昔からハゲが好き。

というわけで適当にゲーム類をまとめていた棚にぶん投げて、終わり。

 

 


────の、はずだった。

 

 


掃除を終え、一息つこうと開けたゲーム棚の一番上に積まれていたトモダチコレクション
それを見てふと思った、思ってしまった。

 

「そういえば、あの島かなりおかしいよな」

 

小さな小さな孤島の真ん中にでっかく佇むマンションと、それを囲うように建つ小さなショップ達。

マンションには沢山の住人がいて、日替わりでショップの店員を務めている。

住人達は他の住人宅にお邪魔したり、寝たり起きたりを繰り返し。

楽しそうだね。

 

しかし、マンションの住人は全て私達プレイヤーが「造っている」のだ。

プレイヤーが造るマンションの住人、通称「Mii」は顔の作りから身長・体重・声のトーンや人格まで自由自在。

どれも現実の人間とはかけ離れているけれど。

 

そうやって生き物としての全てをいじくり回されて造り上げられたMiiは、新生児などの期間を吹っ飛ばしいきなり私たちにどことなく不自然な日本語で話しかけてくる。

特に勉強や成長も無く、生まれてすぐに私たちから与えられた食べ物を食べたり勝手に運動したり他のMiiとおはなしするのだ。この狭い孤島で。

勿論彼らはゲーム内の電子的存在であるし、深く気にする必要は無いのだけれど。

 

好きな相手に「告白」して、

 

「カップル」が生まれたり、「失恋」をしたり、

 

悲しさから「家出」をする。

 

 

────こんなの、人間と同じじゃないか。

 

 

いや待て。

 

もし彼らが「人間」として作られているならば、それは禁忌ともされる「クローン」実験のそれに非常に近い行為ではなかろうか。

 

彼ら彼女らは自分を「Mii」だと自覚しているのだろうか?

人間の真似事をして、電子の中で生き続ける彼らは一体何を思っているのか?

もしかして私達は、この小さな孤島で人類の禁忌ともされる「クローン」の実験もどきをゲーム内で続けていたのではないか?

 

恐ろしい。

恐ろしい。

これ以上考えたくもない。

 

トモダチコレクション」というタイトルが悍ましいものに感じる。
気持ちが悪くなってゲームソフトをゴミ箱に投げる。が、狙いが悪く薄い音を立てて床に転がるゲームソフト。

 

私達は知らないうちに幼い頃からクローンの擬似実験を行なっていたなんて。

 

トモダチコレクション」の売上は2012年1月時点で約367万本(出展・Wikipedia)。
つまり少なくとも367万人もの人がクローンの擬似実験を行い、たくさんのクローンを生み出してきたのだ。

 

このソフトを開発した任天堂は、裏でどんなことをしているのだろうか。

もしかしたら、既にクローンを生み出すことに成功しているのかもしれない。

トモダチコレクション」は、現代人にクローンを親しみやすくさせるための作戦だったのかもしれない。

そこまで技術を持っていてもおかしくないだろう、だって天下の任天堂

 

近い将来、もう1人の自分が目の前に現れるのだろうか。

 

もしそうなっても、私は割と冷静でいられるんだろうなぁ。

 

だって私も「トモダチコレクション」を経験しているのだから。

 

 

f:id:gomennasykulops:20171120230244j:image

 

 

おお、ペコリンもそう思うか。

よしよし。

生贄

「こんにちは、神さま」

尻尾のような、はたまた脚のようなものをピクリとさせ、洞穴の奥に潜む『神さま』が振り向く。怯む必要はない、この神さまはいい神さまだから。大丈夫。落ち着け。堂々としろ。練習した通りに。頑張れ。私。

「私、今回の生贄に選ばれたヒヤっていいます。よろしくおねげぇします」

 

 

とある時代、とある村。

人口は約三千人、とある国の離島に存在するその村は、その地でしか栽培することができないと言われている高級野菜『すいれん草』を大量に出荷することで、少ない人口には見合わない裕福な生活を送っていた。

そんな辺鄙なこの村には、十年に一度の村祭りですいれん草の豊作を祈るために、若い娘を神の生贄にする習慣がある。

勿論このことを知るのは村の者のみで、内地からの取材は全て断り、島にやってくる船は徹底的にチェックされ取材目的の侵入者や録音、録画機器がないかの確認を取るほど神経質な作業を行っている。
村で生まれた人はみな島から出ることは許されず、すいれん草の取引は村で生まれ育ち、60歳を超えた男3人が行っている。

神さまは島の中心にある小さな洞穴の奥にある小さな祠に宿っており、洞穴の周りは札と紐と、成長途中のすいれん草に含まれている猛毒で村の誰も侵入できないように厳重な管理がされていた。それも全て神さまを怒らせないように、村を守るためにと遠い先祖たちが作った村のしきたりなのだ。
そして、神さまは十年に一度の村祭りで生贄を食べた後天に昇り、次の新たな神さまが祠に宿り十年間島を守り続けるという仕組みになっており、母親が子供にこれを語り継ぐことで、子供は学校もインターネットもないこの村の常識を学んでいった。

 

冒頭。辻褄が合わない部分?知るか。全部終わったら直せばええ。

 

今の所もうちょい先まではできてるけどなかなか進まない、やっぱ設定とオチだけ先に浮かぶ僕に中継ぎは難しいね、とだけ。

諦めたらオチだけぶん投げますね。

短編で冒頭の説明が長いやつはそれで長編を書けよ

自分自身への戒めとして。

 

というわけで短編にしてはクソ長い冒頭の説明部分と頭のところだけ先に載せますね、これでイーブンじゃろ。多分。

 

考えているモノ 書こうかな?いいえ私はスプラトゥーン

・オカ研

・幽霊愛

・分解人

・蛇神の供物

・壁を建てろ

 

これら5つ、どれもこれも「こういうの書きたいなぁ、というか設定できたしもう書くだけだ」ってネタを超簡潔にまとめたもの。

 

しかし多忙( )な僕は仕事に仕事にスプラトゥーンと忙しい

非常にめんどくさかった学生時代の通学時間片道約1時間半が今となっては恋しい

 

とりあえずオカ研と蛇神の供物は書きたい、あと個人的に過去作の「人間の味は」をリメイクしたい。

 

このブログ見てるリアル友人の皆さんはおそらくサンソしか読んだことがないだろうからなんのこっちゃって感じだろうけどね。

 

サンソのリメイク?ああ、絶対しませんよあんなの

今ならいろいろ改善できると思うけどもうあの設定に魅力感じないし。

 

f:id:gomennasykulops:20170525185123j:image

 

特に意味はないけど画像貼らないとなんとなく寂しいので付けておきます。

本日仕事がおやすみだから

うーん

最近疲れているからだろうか、夜更かしができない

ゼルダ終わらせたいんだけどなあ、やる気が出ない

うちのハイラル永遠にガノン天下だゼルダ姫抑えるの頑張って〜って感じ

 

仕事してたら今ちょうど繁忙時で、大慌てで色々してる頃なんだけど家で寝巻きで布団にこもりブログを書いている

これを愉悦と言わずになんと言うべきなのかと、思いました

 

この話の流れでこれ以上書くことがありません。

おやすみってたくさんあると嬉しいね。

 

f:id:gomennasykulops:20170420130404j:image

これはついさっき作った

Joy-conでエンジョイするジョイマンとジョイ君と女医さんとJOY」

の画像です。お納めください。

 

「はてな」で思い出したうごメモ時代の思い出

うごくメモ帳

現代を生きる腐女子、ちょっとネットかじってた程度の子供、厨二を患っていたガキなどさまざまな人達の恥ずかしい記録が詰まっていたニンテンドーDSi専用のアプリケーションである。

いつだったかの日、3DS版の登場に伴いDSi版のサービスが終了しほぼ全ての黒歴史が電子の海に消え去ったが、「作った」という記憶は永遠に我々に残り続けるのだ。怖い怖い

(正確には、DSi時代の作品を作者が引き継ぎ設定することによって3DS版にデータ移行が行われた。故に初々しい禍々しい黒歴史は作者たちがとっくに消している)

 

勿論僕も黒歴史製造に精を出していた一人で、列挙すると

 

・自己紹介バトン

・棒人間バトルアニメ

・空耳

スマブラ風動画

・オリジナル漫画

 

をやっていた。全て削除済み。

自分で言うのもなんだが、これ刺さる人にはすごいよく刺さるラインナップで、これを見て何も思わないうごメモの民はいないのではなかろうかってくらいには思い出がいっぱい。あの頃の俺を殺せ。

特にキツイのが自己紹介バトンで、みんな揃いも揃ってまぁ痛々しい自己紹介を書くんですよこれが。

闇だとか二重人格だとか彼氏がいるだとか口調が長門っぽいやつとか口調がキョンっぽいやつとかハルヒっぽいやつとかみくるさんみたいな口調のやつとかさ。

 

あれ?涼宮ハルヒの憂鬱って地獄みたいな人間揃ってんな、古泉くらいじゃんまともなの。

 

それはさておき自己紹介バトン、そしてこれ「バトン」だからどんどん痛々リレーが繋がっていく。

最終的にページ限界の999ページまで痛々しい自己紹介が書き(描き)連ねられた地獄の釜みたいな作品が出来上がるのだ。

まあ999ページまで行くものは稀なもんで大体は100とかで終わってたけどもな。

今でもあの文化は地獄だと思うし、殺してほしいしけどなんだかんだで読み返したい。

黒板を引っ掻く音がめちゃくちゃ嫌だけどなんとなくもっかい聴きたくなるそんな感覚。

 

もう全てのデータが消えて、無くなってしまっている黒歴史に想いを馳せるのも悪くはないなと思う帰宅の途中。

こういう気持ちになるから黒歴史を作るのはやめられんのだ。